So-net無料ブログ作成
検索選択
【お知らせ】
旧ボイスブログから移転しました。記事については順次移行していきます。

【依頼について】
「都築彰への音声作業依頼に関して」をご確認下さい
主なサンプルボイスはこちら
連絡については左メニューのメールフォームをご利用願います

【予定】
・手持ち作業が終わったので、新規で応募
・サンプルボイス追加
・ちょっぴり募集をお手伝い修正

77.確認しろって怒られた [VoiceBlog]

※開幕音がブレてるのは処理落ちが原因です。ごめんなさい

OP
 ・今回もニコ生(コミュニティ限定)で配信しながら収録

ボイスコ関連
 ・企画 → 収録完了。自己確認中。近々提出
 ・白狼隊史記のサイト作ってます

ニコ動関連
 ・ニコ生でゲームプレイ放送中
  →jupiter完結。凄いシナリオだった・・・w
   BattleMoonWars銀プレイ中です

 ・ニコ動にゲームプレイ動画
  →収録待ち

その他
 ・コミケ行ってきますよ~。あとついでに…

ED
 ・慌ただしくシメへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

とりあえず近況 [VoiceBlog]

こえ部のプレミアム切れた+こえ部ポイントが空になった
という状況で、ファイルがアップできないという状況に陥っております。
と言うか、そろそろコミケじゃないか。
収録するタイミングもう無いじゃないか

という訳で、なるべく急ぎます。
と言うかボイドラの収録半分しかしてねぇ(;´Д`)
急がねばー急がねばー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

こえ部初心者で、マナーとかわからない奴はまずここを見ろ [Column]

この記事は主にLIVEチャンネルの機能に関して説明しています。
声の投稿については、あまりマナー的なことは割愛します。
(悪い例があったとしても、誹謗中傷・要は悪口を書く程度のものなので)


◆悪い例
 1.入室して挨拶もせずにスピーカーに上がる。

 2.入室して挨拶して、即スピーカーに上がる。
   ※:友達と言えるほど仲の良い人のLIVEであればOKな場合もあるが、
     場の空気は読みましょう

 3.スピーカーに上がり、いきなり歌いだす。
   ※:最悪です。マスターチャックかかることが多数です。

 4,挨拶に「今晩は」や「いらっしゃいませ」などではなく「こん」を使う。
   ※:「こん」という挨拶を使う人はハンゲームなどに多く存在し、
    使う人は年齢層が低く、話しかけても無反応、
    場の空気も読まないといったマナーが悪い人が大半です。
    「こん」と挨拶をするだけで印象を悪くします。

 5.やたら下ネタを連発する。
  ※:下ネタOKな部屋もありますが、場の空気を読みましょう。

 6.やたら年齢や住所や本名などを聞き出そうとする。
  ※:話題提供の意味で年齢ぐらいならいいかもしれませんが、
    本名とか住所とかは会話するだけでは不要です。
    ストーカーに思われます。

 7.マスターが何かについて話そうとしてるのに、関係ないことをひたすら話そうとする。
  場を乗っ取る。
  ※:場の空気を読みましょう。

 8.スピーカーに上がったのにイヤホン or ヘッドホンをしないでスピーカーで音声を聞く
  ※スピーカーからの音がマイクに届き、音がリターンします。
   他の人には山彦のように聞こえて耳障りです。
   これはスピーカーに上がる時に注意書きがでます。必ず守りましょう。

 9.異常なほど性能の悪いマイクを使う
  ※:ノイズが酷く、耳障りなケースがあります。
    ただ、2000円以下のマイクでも外れはありますので、
    Amazonのレビューなどを見て良いものを買うのが良いでしょう。
   個人的にオススメのマイクについては別途記載しました
   http://whitelabelsound.blog.so-net.ne.jp/archive/c2301327884-1



◆対策
 1.まずは初心者はLIVEに入ったらチャットで挨拶をしましょう。
  「今日は」「今晩は」「お邪魔します」等が無難

 2.初心者であることを伝えよう
   「初心者ですが、よろしくお願いします」「初心者ですので、色々教えて貰えると嬉しいです」 
   など一言あると良いと思います。

 3.わからない、できないなら先に伝えよう
   「チャットを打つのが遅い」「インターネットに慣れてなくて何がなんだかわからない」
   なども言ってもらっても良いと思います。

 4.スピーカーには上がらない
   初心者はまずLIVEのスピーカーに上がるのは避けた良いケースが大半です。
   これは場の空気を読まずに、とにかくスピーカーに上がる人が多いからです。
   空気を読めればスピーカーになるのもOKだと思いますが、
   まずマスターにスピーカーになっていいか確認をしましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
リンク用バナー(さはら彰人 作) bannar02.jpg

bannar03.jpg

bannar04.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。